キャスポル

#css-001

試験の概要・特徴

キャスポル (衝撃加速度法による締固め管理技術)

キャスポルの測定原理は、加速度計を内蔵したランマー(重錘)を地盤に落下させ、衝突の際に得られる衝撃加速度の最大値(インパクト値)を地盤の反力係数(K30)などの強度定数と相関させる、衝撃加速度法です。
誰でも簡単に、短時間で測定でき、測定者による個人差もありません。また反力も必要ないため、低コストで測定を行うことができます。反力となる重機が入れない現場や、短時間で多くの計測を行わなければならない緊急工事などの品質管理に適しています。

最大粒径が37.5mm以下、10mm以上の礫含有率が30%未満の土質材料で精度良く測定可能です。高さ5m以下の各種擁壁やボックスカルバート等(地盤支持力度が293.4kN/m2以下の構造物)の工事での支持力度算定、道路工事における路床のCBR値および地盤反力係数(K30)の算定に適用できます。
高さ5mを越える擁壁・橋梁などのような重要構造物の基礎地盤の支持力度算定には、原則として適用できません。

基礎の形状、現場の土質が粘性土か砂質土かを、担当者へお伝えください。

  • 求められる値
  • 支持力係数(K30)
  • 現場CBR値
  • コーン指数
特徴
  • 平板載荷試験、現場CBR試験、コーンペネトロメーター(コンペネ)試験の代用として使用できます。
  • 作業工程が非常に簡単で、1ヶ所に付き数分で作業可能です。
  • 測定の個人差が無く、誰でも同じ測定ができます。
#css-002

実施状況・成果見本

#css-003

料金表

キャスポル 料金表(税抜)
基本料金
成果作成料金
40,000円 / 1日
現場試験料金10,000円 / ヶ所
合計1ヶ所50,000円
2ヶ所60,000円
3ヶ所70,000円
4ヶ所80,000円
5ヶ所90,000円
6ヶ所100,000円
#css-004

お問い合わせ・お見積り試算フォーム