3次元測量とは?

従来では「点と線」だった地形データが、「面」として見えてくる。

光波やGNSSによる従来測量では、1点1点測量した「点」をつなぎ合わせて作成されていた地形データが、3次元測量技術によって「面」に見える高密度データとして観測できます。

これにより地形を詳細に、直感的に把握できるようになり、工事全体の把握や出来高管理を効率化することが可能になります。

現場に最適な3次元測量技術をご提案します

TLS測量

三脚に据えたレーザー測量機から、360°全方位にレーザーを照射し、地形を計測します。
機械点が動かないため、3次元測量技術では最も高精度に計測できる技術です。

UAV写真測量

UAVで連続した鉛直写真を撮影し、写真データから3次元地形データを復元する技術です。
現場での作業時間が非常に短いのが特徴で、広範囲の計測に適しています。

MMS測量

車両にMMS測量機を搭載し、車で走るだけで周囲をレーザー測量することができます。
道路の長距離計測に適しており、路面のひび割れ調査などにも使用されます。

3次元測量 比較表

技術UAV写真測量TLS測量MMS測量
精度 ±10cm ±2~3mm 10mm以内
時間 小さい現場なら半日で作業可能 小~中規模の現場なら1日で測量 車が走れる現場は短時間で測量
地形平地・造成地 写真測量に最も適した地形 遮蔽物が無い現場が最適 遮蔽物が無い現場が最適
山間部・急傾斜地 傾斜が大きいと精度が下がる 測量できる 車道から見える範囲なら測量可能
建物・構造物 建物の高さは計測できるが、垂直面が苦手 問題なく測量できる 周囲を車が走れれば測量可能
環境雨・雪(悪天候) 強い風や悪天候は墜落リスクが高い 濡れた地面や水たまりは測量できない 濡れた地面や水たまりは測量できない
夜間 夜間の飛行は法律で禁止されている 濡れた地面や水たまりは測量できない 濡れた地面や水たまりは測量できない