UAV写真測量とは?

UAV(ドローン)による写真測量

UAV(ドローン)に取り付けたカメラで空撮を行い、撮影した写真から3次元地形データを復元する測量方法です。

CSS技術開発では、全国飛行許可取得済みの技術者を育成し、全国で対応できる体制を整えています。
UAV測量についてわからないことがあれば、お気軽にCSSにお問合せください。

特徴
  • UAVで鉛直写真を撮影し、写真から地形の形状を復元します。
  • i-Construction対応の測量が可能です。
  • 測量精度は誤差10cm程度。
  • 地形の計測には、測量範囲の伐採が必要です。
  • 写真に写らない樹木の下の地面などは計測できません。

CSS技術開発の保有機器

DJI Matrice 600

DJI Matrice 600
保有数:6機

DJI Mavic
保有数:2機

DJI PHANTOM 4PRO
保有数:1機

UAV写真測量は、土工の地形測量に向いています。

CSS技術開発では年間100回を超えるUAV写真測量を実施しています。