シングルビームソナーによる深浅測量

音響測深機(シングルビームソナー)とGNSS測量機による深浅測量を行います。
マルチビーム深浅よりも低コストで計測が可能で、主に横断面のみの深浅測量が必要な現場で使用されています。

CSS技術開発では、河川の堤防工事の起工測量(基準点・水準・横断などとセットで行うことが多い測量です。

音響測深機&GNSS測量による深浅測量

  • NETIS登録:KT-130026-VE

ボートの位置を測るGNSS測量機と、ボートから川底までの深さを測る音響測深機のデータを組み合わせて行う深浅測量です。
有人ボートで計測を行うため、作業員が2人必要になります。

リモコンボート深浅測量

  • NETIS登録:KK-080050-V

GNSSアンテナとシングルビームソナーを搭載したラジコンボート(無人機)を使用して深浅測量を行います。
あらかじめ設定したラインをボートが自立走行するため、 有人ボートでは計測困難な浅瀬や、人の立ち入ることが難しい水域での測量に適しています。
無人機のため、作業員1人での計測が可能です。