地下の測量をさらに高精度に

地中を掘りながら進む推進工法では、正しい掘削方向の確認が不可欠です。

CSS技術開発では、ジャイロ測量による真北測量で、地下でも正確な方位の観測が可能です。
施工前の事前測量から地下での推進方向測設まで、推進工事の測量をまとめて承ります。

#css-001

推進工事測量の流れ

工事図面・資料お預かり(測量準備)
受領した工事図面などの資料をもとに、基準点、路線、測量条件などの確認を行います。
起工測量
基準点測量、路線測量、水準測量、発進・到達工の位置測設、管路測設、周囲の現況測量、境界測量
推進方向・到達点の測設
鉛直機で発進坑の中心を地下に落とし、ジャイロ測量で推進方向を測設します。
ジャイロ測量
現在地の確認(オプション)
到達坑の直前(軌道修正が可能な100mほど手前の位置)で、現在の推進方向が正しいかどうかを確認します。