基準杭と合わない。『2点・角度・距離』で機械点を求めたあと、3点目で確認するとズレがでる。

下記の質問にお答えください。

『2点・角度・距離』で機械点を求めたあと、別の基準杭を使って求めた機械点の座標を確認してください。

どのくらい違いが生じましたか?


#css-001

光波の状態を確認してください。

0セットは間違いなく行いましたか?
0セットの方法は、光波の取り扱い説明書をご確認ください。

光波を時計回り(右回り)に回転させると、角度は大きくなっていきますか?

最初からやり直す


#css-002

おまかせ君の設定を確認してください 。

縮尺率・鉛直角度の値は正しく入力されていますか?

最初からやり直す


#css-003

基準杭を確認してください(1)

  • 基準杭の番号は合っていますか?
  • 器械点の設定の際、0セットした基準杭(後視点)は、基準点(ミラーを置いた点)より遠くの点ですか?
    (同じくらいの距離だと、器械点の位置が正しく出ないことがあります。)

最初からやり直す


#css-004

基準杭を確認してください(2)

  • 入力されている座標に間違いはありませんか?
  • 曲線データを入力するさいは、IPが連番になっていないといけません。
    IPは連番になっていますか?

最初からやり直す


#css-005

おまかせ君の設定を確認してください。

縮尺率、鉛直角度の値は正しく入力されていますか?

最初からやり直す


#css-006

その他の項目を確認してください。

  • ミラー定数はご使用のミラーと合っていますか?
  • ミラーとポールは正しくセットされていますか?

最初からやり直す


#css-007

ここまでの項目を確認しても異常がない場合。

ケーブルの断線や光波の異常が考えられます。

CSS技術開発までご連絡ください。

お問い合わせ
TEL : 042-373-2100

最初からやり直す


#css-008

正しい設定でもう一度測量を行ってください。

最初からやり直す