特集:PPK-UAV写真測量

PPK-UAV写真測量とは、従来より少ない標定点で写真測量を行う方法です。
この記事では、PPK-UAV測量のしくみや、従来のUAV測量との違いをご説明します。

#css-001

PPK-UAV写真測量のPPKとは?

GNSS測量のPPK方式を利用した測量方法

PPK-UAV写真測量のPPKとは、GNSS測量のPPK(後処理キネマティック)方式のことを指します。
PPK=「後処理キネマティック」はその名称通り、GNSS測量で記録したデータを後から基準点のデータで補正する測量方法。
基準局との通信が不要で、上空が開けたGNSS衛星の電波を受信できる場所でならどこでも測量することができます。

通信状況が悪い場所でも観測できること、基地局との通信が無いため、観測に無線免許*が不要なことなどが、PPK方式の大きな特徴です。

※基地局との通信が必要なRTK法によるGNSS測量では通信に短距離無線を使用するため、測量には無線免許が必要になります。

GNSS測量-PPK方式 図解
#css-001-01

PPK方式によるUAV写真測量のしくみ

PPK-UAV写真測量 図解

PPK-UAV写真測量は、写真撮影時のUAVの位置座標をGNSSで記録します。

測量に使うUAVにはGNSSアンテナが搭載されていますが、これは飛行時に機体の位置を補正し、安定飛行するためのの機能です。
そのため、PPK-UAV写真測量を行うにはPPK測量用GNSSモジュールを別途搭載します。

この追加GNSSモジュールで計測したデータを使い補正することで、写真1枚1枚の正確な撮影位置が計算されます。

写真の撮影位置情報で、3次元地形データの位置を補正

PPK方式では、3次元地形データの位置補正に、高精度な写真の撮影位置情報を使用します。
そのため、従来のUAV写真測量で必要な標定点設置作業が不要になり、現場作業時間の大幅な短縮が可能です。

#css-002

従来のUAV写真測量では、精度確保に標定点を使用

標定点とは?

従来のUAV写真測量での標定点

標定点とは、写真測量の精度向上のために必要となる基準点です。
対空標識と呼ばれるシートをおよそ100mおきに配置し、その中心点を光波やGNSS測量で計測します。

この計測した標定点座標と、写真に写った標定点の中心を紐づけることで、3次元地形データの座標が補正されます。

この標定点の設置と紐づけは、地形データの精度を確保するための重要な作業です。
しかし、標定点の設定作業は技術者が手動で行うため、個人の技量による誤差が少なからず出てしまう作業でもあります。

#css-002-01

標定点を削減=作業時間の大幅短縮

従来のUAV写真測量では、標定点設置作業が現場作業全体の6~7割を占めています

現場の広さや条件によって異なりますが、標定点設置作業はUAV写真測量の現場作業時間の多くを占めています。

PPK-UAV写真測量は、標定点設置作業が1/3に

標定点設置作業が削減されることで、UAV写真測量の測量時間を大幅に短縮することができます。

#css-003

PPK-UAV写真測量のメリット

  • 現場作業時間の削減
    標定点設置にかかる時間が1/3程度に短縮されるため、現場での作業時間が大幅に短縮されます。
  • 精度が安定する
    従来のUAV写真測量で行われていた「人手による座標と標定点の位置合わせ作業」が不要になるため、作業員の技量による誤差が無くなり、安定した一定の精度が出るようになります。