私たちCSS技術開発は創業以来、測量技術を通じて、社会インフラの構築や整備を支えてまいりました。また最新技術をいち早く導入し、建設現場の生産性・安全性の向上や、雇用機会の創出にも寄与しております。
これからも事業を通して、SDGs(持続可能な開発目標)の達成に取り組んでまいります。

CSSの取り組み

企業理念である「CSS spirit」の精神にもとづき、SDGsに取り組んでいます。

CSS spirit

Challenge for Super SOKURYO

  1. 私たちは、1人1人が自ら考え、魅力ある会社を作ります
  2. 私たちは、立場を超えて 気付き 気遣い 協力し、信頼を築きます
  3. 私たちは、CSSの精神で、全力で社会に貢献します

1.私たちは、1人1人が自ら考え、魅力ある会社を作ります

CSSは、お互いを尊重し、誰もが自分らしく働ける環境を提供しています。さらに、いち早く最新技術を導入し常に業界最先端を提供することで、魅力のある会社を目指しています。

最新技術の導入

土木・測量業界で本格化しているBIM/CIMモデル作成技術や、ドローン・マルチビームなど最新機材を用いた測量をいち早く取り入れました。現在もVRなどの最新技術を導入し、常に業界最先端をお客様にご提供しています。

多様な働き方

ライフステージに合わせた雇用形態の変化を可能にしています。社内には、パートタイムで入社し、子どもの成長に合わせ正社員となり、直ぐにリーダーとして勤務している人、産休明けで時短勤務をしている人もいます。個々の希望に合わせた働き方ができます。

在宅ワークの推奨

業務上可能な限り、在宅ワークを推奨しています。午前中は出社、午後から在宅など、状況に合わせて変えることも可能です。

就業中は完全禁煙

就業中は昼休み、残業する場合も含め、全社禁煙にしています。喫煙者、非喫煙者ともお互いを尊重し、快適な職場づくりをしています。

改善しやすい環境づくり

ミスやトラブルなどのネガティブな情報も、積極的に社内に開示しています。どんな情報も社内に共有し、部署や立場を超えて意見を出し合うことで、改善に努めています。

2.私たちは、立場を超えて 気付き 気遣い 協力し、信頼を築きます

CSSは、安全な業務の遂行と、高品質を保証しています。また主体的な災害対策により、社員の安全確保とともに事業継続にも繋がっています。

ジェンダー平等

CSS社内は、男女関係なく、個人の希望にあった活躍の場があります。

安全本部の設置

建設業界では当たり前ですが、測量業界では他社に先駆けて安全本部を設置しました。現場の安全パトロールの実施を通して、無事故での業務の遂行・高品質な技術の保持につながっています。

安全衛生委員会

安全衛生委員会の積極的な活動により、毎日の検温と定期的な血圧チェック、残業の見える化を図り、社員の健康管理をサポートしています。また毎朝のオフィス内の除菌と毎月の全員清掃で、社内の美化にも務めています。

防災対策

安全衛生委員会から派生したメンバーが自主的に防災計画を作成し、座学と実習で防災訓練を実施しました。社員へ安全・防災意識の啓発を日々、行っています。

教育の充実

外部講習の活用など、学ぶ機会が平等にあり、学びたいものを選択することもできます。また手を挙げれば社内勉強会が開催されるなど、社員1人1人が自分に合った成長を実感できます。

成長支援制度

CSSでは人事制度を成長支援制度と呼び、業務を通した社員の成長を応援しています。また成長を応援する立場の人も、他の人の成長を支援することで自分自身の成長へと繋がっていきます。

3.私たちは、CSSの精神で、全力で社会に貢献します

CSSは、測量事業を通して、社会インフラの整備や、クリーンエネルギーの活用に貢献しています。さらに次世代の技術者を育て測量業界の発展に寄与することで、今後も測量を通した社会貢献を行っていきます。

社会インフラの整備

CSSの事業である測量技術が、社会インフラの整備を下支えしています。道路を造る、物を建てるなど、どんな工事でも測量が必要です。正確な測量技術によって、自然災害が多い日本の安心・安全な生活を支えています。

自然エネルギーの活用

太陽光発電の設置前の測量、水資源確保・水力発電に必要なダムの測量を通して、自然エネルギーの活用に寄与しています。

資源の有効活用

今ある道路を活かす補修工事の時にも測量技術が必要です。必要な資材を測量によって測ることができ、資材の過剰な使用を防ぐのにも測量技術が役立っています。

最新技術を活用した貢献

BIM/CIMモデルの活用により、事前の作業工程が3Dで確認ができ、無駄な作業や資材の使用を無くすことができます。またVRによって現場の疑似体験が可能になります。CSSのデータ作成技術が、作業現場の生産性・安全性の向上に役立っています。

技術教育

体系的な教育体制と、1人1人に合わせた実務指導で、一人前の技術者になるまで丁寧にサポートします。年齢や経験関係なく、誰もが技術を習得できる環境があります。

測量・建設業界の発展に

定期的にインターンシップなどの体験会を開催し、CSSの技術に触れる機会を設けています。新卒の方はもちろん、未経験の中途の方も積極的に採用し、測量・データ作成技術を通して、社会貢献する次世代の技術者を育てています。