BIM/CIMモデルを活用したVRによる現場疑似体験サービス開始

当社が作成したBIM/CIMモデルを活用し、VRによって実際の現場にいるような疑似体験が可能になりました。
建設業界では、i-Constructionの取り組みとして、2023年度にBIM/CIMモデル原則適用化を目指すなど、ICTを活用した現場の生産性向上や安全管理が進められています。

この度、当社がVRを導入したことにより、BIM/CIMモデルのお渡しと同時にVRを活用することで、視覚的な把握だけではなく、事前の現場イメージ共有や、安全確認を臨場感あふれる映像で理解を深めることができます。

具体的には、以下のような疑似体験が可能になります。

作業員目線

作業者の目線で、工事現場を見渡せます。現場内の移動や、指定したポイントの距離や高さを測ることもできます。

オペレーター目線

建設機械の運転席からの目線を疑似体験できます。アームやバケットを動かすことも可能です。

落下体験

実際の現場ではできない、高所から体を乗り出して下を見渡したり、地面に落下する疑似体験ができます。

配管確認

構造物同士や鉄筋の配置が重ならないか、事前に確認ができます。