3次元ビューアーの使い方

#css001-0

画面の回転・拡大・移動

#css001-1
画面の回転

マウスを左クリックしたままマウスを動かすことで、画面が回転します。

画面下部メニューの「オービット」を選択した状態でも、画面をつかんで動かすことができます。

#css001-2
画面の拡大

マウスのホイールを動かすと、拡大・縮小ができます。

ホイールを奥に動かす :拡大
ホイールを手前に動かす:縮小

画面下部メニューの「ズーム」を選択した状態でも、画面をつかんで動かすことができます。

#css001-3
画面の移動

マウスを右クリックしたままマウスを動かすことで、画面が移動します。

画面下部メニューの「画面移動」を選択した状態でも、画面をつかんで動かすことができます。

#css001-4
最初のアングルに戻す

画面下のメニューから、「ホーム」をクリックします。
画面のアングルが、最初に開いた状態に戻ります。

#css002

モデルの断面を見る

  1. 画面下のメニューから「断面」をクリックします。
  2. X平面・Y平面・Z平面・四角形のアイコンが表示されるので、見たい断面方向のボタンを選びます。
    ここでは「X平面」の操作について説明します。
  3. 「X平面」をクリックすると、モデル中央の断面が作成され、画面にコントローラーが表示されます。(図1参照)
  4. コントローラーにカーソルを合わせると表示が黄色に変わるので、マウスでつかんで動かします(図2~4参照)
    • 矢印:断面の角度はそのまま、水平方向に移動
    • 赤いライン:水平方向の回転
    • 青いライン:垂直方向の回転
  5. 断面モードの解除は、「X平面」ボタンをもう一度クリックします。

#css003

距離・角度の計測

モデル上で距離と角度を測り、モデルに書き込むことができます。

  1. 画面下のメニューから「計測」をクリックします。
  2. 距離・角度・位置合せ・削除・設定のアイコンが表示されます。
    ここでは「距離」「角度」「記入した寸法の削除」「単位の設定」について説明します。
単位の設定

初期設定では計測値の単位はフィートになっているため、設定を変更します。

  1. 「設定」をクリックし、設定画面を表示します。(図1参照)
  2. 「単位のタイプ」をメートルやミリメートルに変更します。
  3. 「設定」アイコンをもう一度クリックすることで、設定画面を閉じます。
距離の計測

距離を書き込むには、距離を計測したいポイントの始点・終点をクリックします(図2参照)

角度の計測

3点を指示して、角度を書き込みます。(図3参照)

記入した寸法の削除
  1. 削除したい寸法を選択します。
    選択すると、端点・変化点に○丸マークが表示されます。(図4参照)
  2. 寸法を選択した状態で、「削除」アイコンをクリックします。

#css004

特定のモデルだけ表示したい(モデルブラウザ)

  1. 画面左上の「モデルブラウザ」をクリックし、モデル一覧を表示します。
  2. モデル名の左側にある▼をクリックして、より詳細なモデル一覧を表示します。
  3. 目のアイコンをクリックして、モデルの表示非表示を切り替えます。
    非表示にしたモデルは、薄い色で表示されます。
  4. モデル一覧の上で右クリックし、「すべてのオブジェクトを表示」を選択すると、すべてのモデルを表示した状態に戻ります。

#css005

モデルをパースで表示する(遠近感の表示)

画面右上の立方体(コンパス)を右クリックすると、モデルのパースを変更できます。

直交
遠近感の無い表示モード。
手前にあるモノと奥にあるモノのサイズが変わらない。

パース
遠近感を表現したモード。
奥にあるものは小さく、手前にあるものは大きく見える、より人間の視界に近いモード。

#css006

操作がやりづらいときは

  1. 画面左上の「設定」アイコンをクリックし、設定画面を開きます。
  2. 設定画面から「ナビゲーション」を選び、下記の2つをONにします。
    • ViewCubeはピポットに基づいて動作
    • ピポットに向かってズーム

#css007

CIMモデルサンプル

下記の画像をクリックすると、3次元ビューアーが別ページで開きます。

橋梁CIMモデル

法面CIMモデル