特集:MMS測量

MMS測量は、2015年にCSSに導入された移動式レーザー測量技術。
CSSでは切削オーバーレイや路面ひび割れ調査、現況測量等で200回以上の測量を行ってきましたが、UAV写真測量やTLS測量に比べると、MMS測量はまだ広く普及しているとは言えません。

この記事では、MMS測量がどんな技術なのか改めてご紹介するとともに、MMS測量の活用事例をご紹介します。

#css-001

MMS測量とは?

車で走りながら計測移動式レーザー測量技術

MMS測量は車両にレーザー測量機を取り付け、車で走りながら計測する移動式レーザー測量技術です。
MMS測量機を搭載した車両で道路を走行しながら、路面の3次元測量を行うことができます。

特徴
  • 精度±10mm。現場状況によっては±4mmの精度で測量可能。
  • 測量のための交通規制が不要。
  • 走行しながら、1秒間に最大100万点のデータを計測します。
  • 時速40kmで走行すれば、約5cmピッチのデータが計測できます。
  • TLS測量にくらべ短時間で計測が可能で、距離が長い現場に適しています。

CSS保有機器

CSSでは精度に優れるLeica製のMMS測量機・Pegasus:Twoを使用しています。

MMS測量機には車輌に固定された一体型のタイプと、車輌からの取り外しが可能な着脱式のタイプがあります。
Pegasus:Twoは着脱式で、現場に合わせて最適な車輌に付け替えることが可能です。

Leica製・Pegasus:Two
『モービル マッピング システム』と『モバイル マッピング システム』の違いは?

この2つの言葉を英語で表記すると、どちらも『Mobile Mapping System』と同じ表記になります。『Mobile』は日本語で「移動性」という意味。2つの名称の違いは、『Mobile』をカタカナ表記するときに、「モービル」にするか「モバイル」と表記するかの違いです。

CSSでは、導入したMMS測量機のメーカー表記に合わせ、『モバイル マッピング システム』と表記を統一しています。

#css-001-1

精度±4mm|ICT舗装工対応の補正技術

令和2年3月、ICT活用工事の要領「地上移動体搭載型レーザースキャナーを用いた出来形管理要領(案)」が改定され、MMS測量が正式にICT活用工事(土工・舗装工)で使用できるようになりました。

基準を満たす精度±4mmのMMS測量

CSSのMMS測量は、表層表面の計測が必要な『路面補修工事』での使用を目的に補正方法を改良。

ICT舗装工で規定されている表層表面での要求精度±4mmの測量が可能になりました。

ICT活用工事の要求精度
土工
 要求精度
起工測量±100mm以内
出来形測量±50mm以内
舗装工
舗装鉛直精度平面精度
アスファルト舗装路床表面±20mm以内±20mm以内
下層路盤表面
上層路盤表面
±10mm以内
基層・中間層表面
表層表面
±4mm以内±10mm以内
コンクリート舗装路床表面±20mm以内±20mm以内
下層路盤表面
粒度調整路盤表面
セメント安定処理表面
±10mm以内
アスファルト中間層表面
コンクリート舗装版表面
±4mm±10mm以内
#css-001-2

NETIS登録技術(KT-150010-VE)

CSSのMMS測量はNETIS登録技術です。
2020年4月に活用効果が評価され、『活用促進技術』に位置付けられました。

#css-002

CSSのMMS測量実績

CSSでは、MMS測量を主に路面計測に活用しています。
路面補修工事に利用できるようになったことで、活用範囲が大きく広がっています。

MSS測量実施 事例

  • 工事概要:A工区(L=800m)・B工区(L=300m)
    切削オーバーレイ工、排水構造物工
  • CSSの実施業務:
    起工測量(多角点測量、現況測量[測点・端部・白線]、横断現況測量)、縦横断図作成・計画、切削ボリューム計算、路面現況測量、解析・路面評価、出来形測量(基準点点検測量、横断現況測量)
  • 3次元測量実施:MMS測量、TLS測量
#css-002-1
成果品・切削オーバーレイ計画
#css-002-2
成果品・路面のひび割れ調査(MMS路面評価)
#css-002-3
白線トレース

CSSでは切削オーバーレイ工に伴う白線の計測・トレースを多く行っています。

画像をアップロード

ICTアドバイザー認定取得

CSS技術開発は、関東地方整備局認定 ICTアドバイザー企業です。ICT施工の疑問や課題など、お気軽にご相談ください。

CSSNEWS No.25 記事一覧